油は体に悪い?太る?油を変えれば体がかわる

 

油は体に悪い?太る?油を変えれば体がかわる

油は=「太りそう」「体に悪るそう」というイメージを持ってしまいますが、実は油の中には良い油と悪い油があるのです。

体に良い油は血液をきれいにしてくれるので、生活習慣病などの予防にも効果的です。

  

悪い油とは?

悪い油として気を付けたいのがトランス脂肪酸です。

マーガリンやショートニングなどに多く含まれているので、それを原材料にしたパンやケーキ、ドーナツ、揚げ物などにもトランス脂肪酸が含まれています。

油の脂質をとりすぎてしまうと、肥満や生活習慣病を誘発しやすいというデメリットはありますが、まったく油を食べずにいると健康を害してしまうことになるので適度に摂ることが大切です。

けれど、トランス脂肪酸だけは食べる必要がないだけでなく、摂りすぎるとLDL(悪玉)コレステロールを増やし、HDL(善玉)コレステロールを減らしてしまう性質をもっているため心臓病などへのリスクが懸念されています。 

ファーストフード店などのフライなどにも多く含まれるため、アメリカでは食品への添加が規制されるようになってきました。

トランス脂肪酸の体内での作用はまだ正確には解明されていませんが、体に良い成分ではありませんので「とりすぎない」ことが肝心です。

日本では、トランス脂肪酸の摂取量を総エネルギー摂取量の1%未満とすることが推奨されています。

 

良い油

脂肪酸のカロリーはトランス脂肪酸もその他の脂肪酸も同じですが、青魚などにふくまれている「DHA、EPA」は、生活習慣病を予防する油として注目されている良い油です。

「魚を食べると頭が良くなる」というコマーシャルソングが流行っていたように、 血液をサラサラにして血栓や動脈硬化、高血圧などの生活習慣病を予防するだけでなく、脳や視力にも効果があるといわれています。

厚生労働省では「DHA、EPA」を1日1000mg以上摂取することを推奨していますが、生活習慣の欧米化によって青魚を食べる習慣が減ってきたことから、「DHA、EPA」を摂る機会も減ってきています。


DHAの効果

DHA(ドコサヘキサエン酸)は、中性脂肪を改善し動脈硬化を予防する血液サラサラ効果だけでなく、ストレスやアレルギー症状を緩和する作用も持っていると言われています。

DHAを摂取すると脳のシナプスの細胞膜が柔軟になり脳が活性化するため、勉強などの学習認知に役立つといわれているため子供への魚の摂取がすすめられています。

・DHAが多く含まれている商品…サンマ、ウナギ、クロマグロ


EPAの効果

EPA(エイコサペンタエン酸)は、DHAよりも同様に血液サラサラ効果が高いといわれている成分です。

さらに、加齢により発生しやすい加齢黄斑変性の発症リスクを減少するとも言われています。

DHAと同様にうつ病の改善など脳への有用性も認められています。

・EPが多く含まれている商品…イワシ、サバ、アジ


DHA、EPAを毎日摂るには

毎日1食は魚を食べる習慣をつけると魚の持つ栄養成分を摂ることができますが、どうしても炭水化物や肉中心の食習慣になっている場合はサプリメントでの摂取がおすすめです。 

<食べる量は変わらないのに体重が増える>

 

コメント

このブログの人気の投稿

サブスクなら子供の成長に合わせたおもちゃが見つかる!

筋トレだけじゃない!痩せたい女性に人気のプロテイン

全身脱毛ができる!皮膚科の医療脱毛6選